スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4年目の3・11行動 ~戦争と再稼働阻止のために~

 2011年の東日本大震災・大津波と福島第一原発事故から丸4年を迎えた3月11日。
「再稼働、首切り、もうたくさんだ。怒りを力にたちあがろう、つながろう/3・11反原発福島行動'15」は、福島の労働者人民の深い怒りと悲しみ、苦悩のすべてを闘いのエネルギーに変えて、安倍政権に叩きつけました。
郡山市民文化センター大ホールで開かれた集会には福島を先頭に全国各地から1100人が参加しました。

主催者あいさつを国労郡山支部の橋本光一さん。
DSC_1444.jpg
「福島の反原発運動には今、二つの大きな希望の星があります。一つは被曝労働を拒否してストライキで闘う動労水戸。被曝労働との闘いを労働組合の課題に押し上げる。原発なしに維持できない社会そのものを変革していく動労水戸のような闘いが福島の労働現場に求められています。原発労働者の労組を作ることが原発をなくし、労働者の社会をつくる唯一の道です。
 もう一つは絶大な信頼を得ているふくしま共同診療所。子どもたちの甲状腺がんの不安と向き合い、福島県立医大と対決し、仮設住宅を1戸1戸訪ねていく医療活動が大きな支持を集めています。
 各地域に動労水戸のような労働組合をつくりあらゆる人とつながって全国・全世界から核と原発をなくそう」
長崎から、被爆者である城臺 美彌子(じょうだい・みやこ)さん
DSC_1488.jpg
「1945年の日本の男性の平均寿命は23・9歳。それから70年間で長くなった平均寿命が、原発再稼働で再び脅かされている。市民と労働者の力で打ち破りましょう」

 ふくしま共同診療所の布施幸彦院長
DSC_1560.jpg
「小児甲状腺がんは117人の悪性(つまり、ガン)、ないし疑いが見つかり、そのうち87人が甲状腺がんと確定しています。しかしいまだに(福島)県は放射能と関係ないという。これをひっくり返し、小児甲状腺がんが放射能性であることを認めさせなければいけない。3月8日の『被曝・医療 福島シンポジウム』の結論は、被曝を強制する復興に反対し、今の政治そのものを変えようということ。これからも全国で診療所報告会を行います」

集会後にJR郡山駅前までデモをしました。
DSC_1684.jpg
沿道の市民から手を振られたり、一緒に拳を突き上げてもらったり、と一体感のあるデモになりました!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

NAZEN・TOKAI

Author:NAZEN・TOKAI
FC2ブログへようこそ!

問合せ先
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。