スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全ての原発を廃炉にせよ!9・6中部電力抗議・申入れ行動!(東海合同労組blogより)

064_convert_20110907083619.jpg
 9月6日、愛知労組交流センター、三重労組交流センター、東海合同労組が呼びかけ、NAZEN愛知もともに闘った、「すべての原発を撤廃せよ!震災解雇を許すな!浜岡原発を廃炉にせよ!中部電力抗議・申入れ行動」は、15時から中部電力本店前で闘われました。
 最初に、愛知労組交流センターは「フクシマをはじめとする全世界の被曝者,被曝労働者は、すべての原発の廃炉を求めている!被曝を強制し、ペテンと買収によって原発を推進することは犯罪行為である。中部電力は、浜岡原発を廃炉にせよ!福島では、福島県教組が『こどもたちの命を守れ!』『県民の命を守れ!』と呼びかけ、JR郡山工場では『JRは工場をすべて除染せよ!』『被曝労働の強制を許さない!』と国労の仲間が原発事故の責任を政府・電力会社に取らせる闘いの先頭にたっている。愛知労組交流センターはこの闘いを支持し、ともにすべての原発廃炉の闘いにたちあがる。中部電力で働く仲間は、原発と核武装に反対しともに全面的な廃炉への道をきりひらくために、労組交流センターに結集して闘おう!」と抗議と闘いへの決起を訴えました。
 次に、三重労組交流センターは「国や電力会社はさんざん原発は安全であると言ってきましたがそれが全てウソだったことが暴かれた。労働者人民と相いれない原発を無責任に推進してきた中部電力を弾劾するとともに浜岡原子力発電所の全ての廃炉を要求するものである」と中部電力を弾劾しました。
 続いて、静岡労組交流センターは「3月11日の東日本大震災によって原発の恐ろしさ、核と人類との共存がいかに不可能であるのかということが、全世界に明らかにされました。中部電力がこれ以上の放射能汚染・地球被爆をさせないため、直ちに浜岡原発を廃炉にせよ!静岡県の全労働者は要求します」と浜岡原発の地元・静岡県民の気持ちをアピールしました。
 さらに、とめよう戦争への道!百万人署名運動岐阜連絡会は「浜岡原子力発電所の廃棄および原子力エネルギー開発にかかわる全ての事業の断念を要望します」として「中曽根元総理、当時の読売新聞社主正力松太郎、日立、東芝などの巨大資本が中心となってすすめた原子力発電事業が実は核兵器保有を目指した国家的事業だった」と糾弾しました。
 最後に、東海合同労組は「北海道電力は8月17日、高橋北海道知事の再開表明を受けて泊原発の営業運転を再開しました。地元住民は、原発への不安と政府への不信を大きくしています。菅政権の浜岡原発停止要請は運転再開のためのペテンだったことがこれで明らかになりました。労働者階級の怒りによって打倒された菅政権に代わった野田政権は、原発再稼働について『安全性を厳格にチェックした上で、稼働できると思ったものについては地元の皆様にご説明しながら再稼働していく』とあくまでも原発政策を推進していくことを表明してい」ることを弾劾した上で「『安全神話』や『クリーンなエネルギー』のウソのもとで原発政策を推進し歴代政権の核武装政策の中軸を担ってきたのが中部電力であると言わざるをえません。東海合同労働組合は、中部電力に対して原発推進を撤回し、謝罪することを求めます。中部電力は直ちに浜岡原発3~5号機を廃炉にせよ!中部電力は浜岡原発6号機建設計画を白紙撤回せよ!」と強く求めました。
 参加した闘う仲間は、浜岡原発の再稼働を行おうとする中部電力に対して「浜岡原発を廃炉にせよ」「すべての原発を廃炉にせよ」「9・11反原発全国一斉行動を闘うぞ」とシュプレヒコールを上げてこの日の闘いを終えました。
060_convert_20110907083456.jpg 
 次は、9・11反原発全国一斉行動です。すべての原発今すぐなくそう!全国会議・愛知の呼びかけで12時から行われる名古屋市中区栄久屋大通の噴水前広場での街頭宣伝・リレートークに決起していきましょう。(記事はこちら) なお、9月6日の闘いは、翌日の中日新聞朝刊で報道されました。(東海合同労組blogより転載・一部編集)002_convert_20110907114157.jpg
019_convert_20110907103134.jpg
 中部電力への抗議・申入れ行動を前にして闘う仲間は、13時30分から一時間、名古屋市中区にある栄噴水前広場に集合してリレートークとビラまき・署名を行いました。
 愛知労組交流センターの代表であるス労自主の田村中央書記長は「脱原発と言う闘い方では原発はなくせない。菅政権も脱原発とペテン的に言っていた。労働者階級の団結した力で電力資本と政府に原発の廃炉を求める反原発闘争に決起しよう」と訴えました。(写真上)
 三重労組交流センターやとめよう戦争への道!百万人署名運動岐阜連絡会や東海合同労組の闘う仲間のリレートークが行われ「浜岡原発をなくそう!」「中部電力抗議・申入れ行動を共に闘おう」と訴えました。この呼びかけに応えて、その場で闘いに合流する人も登場しました。
016_convert_20110907103058.jpg
 街宣隊が呼びかける反原発署名に応じる人が何人も現れ関心の高さを示しました。(写真下)
024_convert_20110907103213.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

NAZEN・TOKAI

Author:NAZEN・TOKAI
FC2ブログへようこそ!

問合せ先
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。