スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10・10NAZENフクシマ結成集会に参加しました

参加した仲間からの報告です

10月10日、NAZENフクシマ結成集会

やはり現地に行って実感したいという気持ちがありました。そんな思いを胸に、10・10NAZENフクシマ結成集会に参加しました。今回は集会で私にとって最も印象に残った出来事について報告したいと思います。

会場には350名の人たちが集まり、盛り上がりました。集会は弁護士の鈴木達夫さん(元日放労長崎分会委員長)の開会あいさつで始まり、福島の子ども36万人の健康調査が始まろうとしている事を知りました。「惨いことを強制してしまっている」と訴える鈴木さん。しかし、私にはこれが“惨い”という言葉では表しきれない感じがしました。第二次世界大戦中、ナチスが行っていた人体実験に匹敵するほど残酷な事だと思えてしまうからです。しかも、この調査を行う事で、政府や御用学者は自ら主調してきた「放射能は安全」がデマである事を証明しているのですから、開いた口が塞がりません。

続いて椎名千恵子さん(子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク)が発言しました。椎名さんは「闘いは具体的です。フクシマの事故がなかったかのように振る舞うことに、挙げた拳をおろしません」と力強く訴え、同時に経産省前の座り込みも呼びかけました。高陽第一診療所で広島の被爆医療に携わってきた吉田良順さんも講演し、公費による健康診断の保障・「被爆手帳」の交付などは「天から降ってきた」のではなく、闘ったからこそ得たものであると語っていました。

佐藤幸子さん(子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク世話人)はニューヨークの国連本部前で行ったデモの事を語りました。「福島の子どもたちを守れないで原発の安全を世界中に言うのはひきょうだ!」福島の子どもたちを“健康調査”のモルモットにする、事故の収束の目処が立っていないままベトナム等への原発輸出を目論む野田首相にぶつけたこの怒りの叫びは反原発闘争で闘っている人たち全員の声のように思えました。

福島の酪農家、鈴木光一郎さんは、1000年も掛けて出来上がった豊かな福島の地の約半分が放射能汚染により廃墟になろうとしている事をとても悔やんでいました。しかし、その一方で「この結成に一番喜んでいるのは福島県民です。子どもたちの未来を取り戻すために、諦めではなく闘いで取り戻したい」と共に闘う決意を語ってくれました。

最後は辻川慎一さん(動労水戸副委員長)の力強いアピールが印象的でした。特に汚染車両を車両洗浄装置で洗ったときに発生する放射性物質を含んだ水しぶきが付近の住宅・公園へ飛散する危険性を訴えたとき、まるで会場全体が辻川さんの怒りの声で震え上がる様でした。

以上で私の10・10NAZENフクシマ結成集会の報告は終わります。11・6労働者集会へフルパワーで前進、原発推進の野田政権を打倒しよう!(JK)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

NAZEN・TOKAI

Author:NAZEN・TOKAI
FC2ブログへようこそ!

問合せ先
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。