スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9・11 再稼働阻止!関電・中電抗議要請行動へ!

2011年3月11日の東日本大震災(&福島第一原発事故)から2年6か月となる9月11日に
中部電力(本店)と関西電力(東海支社)に各社の原発を再稼働させないための
申入れ行動を行います。


以下、呼びかけ文です

福島第一原発事故が拡大!
高濃度汚染水が太平洋に


 福島第一原発で放射能汚染水処理をめぐって超重大事態が相次いでいる。一つは、1日300㌧もの汚染された地下水が海に流出し続けている。
 今一つは、くみ上げた汚染水の貯蔵タンクから300㌧もの汚染水が漏れ出し、原子力規制委員会が原発事故の国際評価尺度(INES)で「レベル3(重大な異常事象)」に該当するとした重大事故が発生したことだ。

「収束」どころか事故対策の根幹が破綻


 東京電力は、汚染した地下水の海への流出を参議院選挙直後の7月22日になってようやく正式に認めた。これが明らかになれば自民党が大敗することを恐れたからだ。この問題は、5月24日に海側の観測井戸で採取した地下水からストロンチウムなどが検出された時点から疑われていたことである。ところが東電はその事実を6月19日まで隠ぺいした。ようやく発表した時も海への流出を否定した。
 その後、海水に含まれるトリチウム濃度が上昇傾向であることが分かった。この時点で汚染された地下水の海への流出は確定的になった。そこで東電は大あわてで、7月8日からタービン建屋と海の間の地中に薬剤を注入し土を固める工法で地中壁を造り、汚染地下水の海への流出を食い止めようとした。
 だがこの地中壁には重大な欠点があった。地中壁は工法の限界から地表から1・8㍍の間はすき間が出来てしまうのだ。
 タービン建屋と海の間の地下には、冷却用の海水を通す配管などが入る大きなトンネルがいくつも走っており、そこには高濃度の汚染水が1万㌧以上存在している。原子炉から直接漏れ出しタービン建屋の地下にたまった高濃度汚染水が、地震で出来た割れ目を通して流れ込んだものだ。
 このトンネルも地震で割れ目が出来ていると考えられており、そこから高濃度汚染水がしみ出し地下水と混じり合っている。そして後先を考えずに地中壁を造ったことで地下水の水位が上がってしまい、地中壁の高さを超えて汚染された地下水があふれ、海に流れ出る事態となったのだ。(長文です。以下は「続きを読む」をクリックしてください)

続きを読む

スポンサーサイト
プロフィール

NAZEN・TOKAI

Author:NAZEN・TOKAI
FC2ブログへようこそ!

問合せ先
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。